LABRAVA
ヴィンテージ オアハカ ウッドカービング 馬
サンティアーゴ ファミリー

ウマ

売り切れました
メキシコ・オアハカ州ラ ウニオン テハラパン
高8.2センチ
1970年代おわり〜1980年代はじめにつくられたオアハカン ウッド カーヴィングの「ウマ」。サインは入っていませんが、オアハカ州ラ ウニオン テハラパン村のサンティアーゴ5兄弟(マルティン、キリーノ、プラシド、フランシスコ、ベントゥーラ)のうちの誰かがつくった作品で、おそらくマルティン サンティアーゴだと思われます。

保管状態が良く、ほとんど褪色していないため、現行品のようにも見えますが、少し色が薄い右耳と右目、そしてミニサイズの作品にもかかわらず目の輪郭が彫られている(現在このサイズの作品の目の輪郭は描かれているだけで彫られていないことが多い)ことから、最近の作品ではないことがわかります。状態が良好すぎて、ヴィンテージ品としての面白みには欠けるかもしれませんが…。

*マルティン サンティアーゴは1967年から木彫りを製作している、ラ ウニオン テハラパン村で最初の木彫り作家。アラソーラ村の故マヌエル ヒメネス、サン マルティン ティルカヘーテ村の故イシドーロ クルースとともに、オアハカン ウッド カーヴィングの基礎を築いた重要人物です。
FG-4085
ヴィンテージ メキシコ ウッドカービング 馬
ヴィンテージ オアハカ ウッドカーヴィング 馬