LABRAVA
オアハカ ウッド カーヴィング ヴィンテージ アリクイ
サンティアーゴ ファミリー

アリクイ

売り切れました
メキシコ・オアハカ州ラ ウニオン テハラパン
体長27センチ(しっぽ含む・本体は18センチ)
1970年代おわり〜1980年代はじめにつくられたオアハカン ウッド カーヴィングの「アリクイ」。サインは入っていませんが、オアハカ州ラ ウニオン テハラパン村のサンティアーゴ ファミリーの作品だと思われます。ゴツゴツ感がなく、ややライトな印象の作風から、オリジナル・サンティアーゴ5兄弟(マルティン、キリーノ、プラシド、フランシスコ、ベントゥーラ)ではなく、息子世代(ハイメ、レイナルドなど)の誰かが作った作品ではないでしょうか。

保管状態が良く、ほとんど褪色していないため、まるで現行品のように見えますが、錆びた釘、少し色が薄い左耳、そしてなによりもこのフォルムが現在では珍しいことから、最近の作品ではないことがわかります。状態が良好すぎて、ヴィンテージ品としての面白みには欠けるかもしれませんが…。

*マルティン、キリーノ、プラシド、フランシスコ、ベントゥーラのサンティアーゴ5兄弟は1967〜1970年に木彫り製作をはじめたオアハカン ウッド カーヴィング初期の重要人物たちです。
FG-4082
メキシコ ウッドカーヴィング ヴィンテージ アリクイ
ヴィンテージ オアハカ ウッドカービング アリクイ