LABRAVA
ヴィンテージ オアハカ ウッドカービング ジャガー
サンティアーゴ ファミリー

ジャガー

売り切れました
メキシコ・オアハカ州ラ ウニオン テハラパン
体長35センチ
1970年代後半〜1980年代前半につくられたオアハカン ウッド カーヴィングの「ジャガー」。サインは入っていませんが、オアハカ州ラ ウニオン テハラパン村のサンティアーゴ5兄弟(マルティン、キリーノ、プラシド、フランシスコ、ベントゥーラ)のうちの誰かがつくった作品で、おそらくキリーノ サンティアーゴだと思われます。現在のサンティアーゴ ファミリーの作品と比べるとサイズがかなり大きいのが、この時代の作品ならでは。吠えているポーズの作品も現在はほとんど作られていません。

アニリン染料による黄色の彩色は褪色しやすいため、ボディ地色の黄色がかなり薄くなっていますが、ワレやキクイムシの穴などのダメージもなく、コンディションはとても良好です。

*マルティン、キリーノ、プラシド、フランシスコ、ベントゥーラのサンティアーゴ5兄弟は1967〜1970年に木彫り製作をはじめたオアハカン ウッド カーヴィング初期の重要人物たちです。
FG-4061
ヴィンテージ メキシコ ウッドカービング ジャガー
オアハカ ウッドカービング ジャガー ヴィンテージ